楽天

格安SIM・楽天モバイルベーシックプラン3年利用したメリットデメリット

3年間利用したベーシックプラン

世間では、楽天モバイルと言ったら、スーパーホーダイが認知度は、高いでしょうね。

そりゃあ~そうでしょう!イメージキャラクターにローラさんを起用して、だれでも1.480円表示が目立つと、気持ちがぐーっきますよね。

私も、ベーシックプランから乗り換えしようかと思いましたよ!

でもしませんでした。

私の嫌いな契約内容でしたので、2年間ずーっとってやつが嫌いなんです。

使用料金ずーっと変わらず契約したいですよね。

契約して3年も経ちました。予想は、してたのでやはり早く時は経ちました。

3年なんてあっという間です!。

 

3年間利用したメリット・デメリット

 

楽天モバイルならスマホの料金が超お得! 

 

楽天モバイルベーシックプランとは

ベーシックプランは、1.250円(税抜き)

消費税とユニバーサルサービス料金合わせて1.352円

ベーシックプラン通信速度は最大200kbps 

ずーっと使い放題無制限200kbps 超低速回線

 

ベーシックプランの詳細

ベーシックプランの通話料は以下の通りです。

通常通話アプリ無し :    20円/30秒
楽天でんわアプリ使用:    10円/30秒

発信時にアプリを使用しての通話か、003768を電話番号の頭に付けて発信する使用

 

楽天モバイルサイト 引用


注意 2019年3月8日現在、

「050データSIM(SMSあり)」は、3月14日(木)10:00より、
050番号付与のない「データSIM(SMSあり)」に変更となります。
現在のSIMタイプが「050データSIM(SMSあり)」の方は、
引き続き050番号をご利用いただけます。


SIM種類 通話SIM

090・080・070電話番号を付与する。

050データSIM(SMSあり)
SMSとViberで050番号が使用可能

 

一年間の利用料金の紹介


2018年1月から2018年12月までの利用です。(請求月は翌月になります)

一年間使用料金 なんと! 合計18.715円

モバイルWIFI 4.838円×12=58.056円

私の通信費の年間は、合計76.771円

 

楽天モバイル スーパーホーダイ

 

ベーシックプランを3年継続して利用してる訳

 

◆月に電話の使用回数がとても少ない事

◆自宅も外出もモバイルWIFIを持ち歩くので、超低速回線でも問題がない。

私の使用してるモバイルWIFIは、FUJI WIFIのソフトバンク回線使い放題、無制限プラン4.838円

 

FUJI WIFI紹介記事

 

4Gでベーシックプランの使用感(WiFi無し)

 

◆LINE登録をする時は、楽天モバイルでは年齢認証が行えないのでID検索はできません。LINE登録をする時は、登録相手に電話番号を登録してもらうか、その相手と直接会ってる時にQRコードかふるふるでしか登録できない。

◆LINE電話の通話状況は、自分も相手の方も通話が途切れることがある

◆LINEは電波の状況に差がある。通信が良い状況なら困る事は無い。しかし地方や、建物の中等にては、繋がり難い所もあり、遅れてLINEが届く事もある。

◆LINEpayの使用でカードの停止機能は出来ますが、これも電波の悪い状況なら地方や、建物の中等にては、繋がり難い所もある。

◆ヤフー検索等の閲覧は出来ますが、画像等重いと閲覧はイライラします。

◆ゲームアプリは出来ないと言ってしまっても良いだろう。

まずアプリのダウンロードが途切れたりするので、更新等も出来ない。

◆動画、ユーチューブは見れるのですが、見る気にはならない程イライラする。

◆Kindle本を読むのは問題ないが、買う時のダウンロードが出来ない。

◆Mapアプリは見れるが、移動中の使用が出来なくなる(GPSが追いついて来ない)

◆メール、SNSは問題ないでしょう。

◆アマゾン等のショッピングサイト閲覧は見れない。商品画像が多いので、「しばらくお待ちください」とでます。

 

メリット・デメリット

 

メリット

◆とにかくスマホの使用料が、安くなります。

◆これ以上乗り換えの事を考えなくて良いです。

デメリット

◆データ速度が遅すぎて使う気にはなりません。

◆頻繁に通話すると通話料金が高くなります。

 

ベーシックプランを契約するなら、こんな方にオススメ

 

◆モバイルWIFIを持ち歩くか、ネットを見ない人向け。

◆月/年、頻繁に通話回線を使わない人向け。

 

だれでもずーっと1.352円(税込)!ぐっとくるでしょ?

私これでぐっときて契約決めちゃいました。

 

-楽天
-, ,

© 2020 miniのミニマリストブログ