ミニマリスト

終身雇用崩壊 年金問題 不安な未来だからこそミニマリストになる

投稿日:

2019年、企業や銀行が45歳以上を早期退職者を発表、実質リストラですよね。あのトヨタも終身雇用の保証もしない、金融庁も年金問題を言ってますね。

 

危機感を持ちましょう。

 

この先、日本はどうなるのか、現状の生活を維持しようとすれば、その不安は増すばかりだと思います。不安ばかりで個人が何も改善しないと、突然のリストラ対象に入った時、生活基盤が崩れてしまいます。

 

これからの日本は、自分の身は自分で守って下さいと、言い始めた年ならば、今直ぐにでも、変えて行くべきだと思います。

 

その忠告を無視して、危機感も持たずに現状維持の生活送り、本当にその現状に立たされた時、破滅と崩壊しかないと思います。

 

当り前の様に、高額な便利なサービスに契約して、物をローンで買うことすら疑問にも思わず、収入と支出額が同じ位の生活水準では、待ってる先は、破滅と崩壊しかないかもしれません。

 

これは企業や国だけが悪いとは言えない、身の丈に合わない生活を送っていた結果だと思います。嫌な話からは耳をそらし、面倒くさそうだからしない、これでは本当に駄目な時代なのかもしれません。

 

20年前は若いから仕事があると思った発想は、この先崩れてしまうかもしれません。年齢関係なく危機感は持って、暮らす方が良いのかもしれませんね。

 

こんな時代だからこそミニマリスト

危機感を持つことが大切、現状を変えたいと思うなら、シンプルライフやミニマリストがオススメかもしれません。

 

少しの改善や節約だけでは、何も変わらないに等しいかもしれません。「変える、変わりたい」と思うなら、根本的な所から見直しするしかありません。最初は、なんでも大変かもしれませんが、物を減らす生活に慣れてしまえば、不安も今以上に少なくなると思います。

 

物事は、悲観的に考えるより、その打開策を考えて行く方が、時間の無駄にもならずよいと思います。こんな時代だからこそ、ミニマリスト生活が良いのかもしれません。

ミニマリストの生活で得られること

お金の大切さに気付かされます。

本当の節約を見直す切っ掛けにもなります。

一つ一つの物を大切にする様になります。

 

 

-ミニマリスト

Copyright© miniのミニマリストブログ , 2019 All Rights Reserved.