持ち物

ミニマリスト 礼服喪服の必要性、捨てる?捨てない?

私は、礼服は捨てませんが、みなさんは捨てますか?捨てませんか?いろんな考えがあっても良いと思います。

 

私の考え方を最初に伝えますが、ミニマリストだからと言う理由で、礼服喪服を、所有してるのに捨てるのは、私は間違いだと思ってます。

 

礼服を所有するか、しないかは人それぞれですが、冠婚葬祭の場において、礼服喪服を着るのがマナーですが、この記事で、礼服の必要性と再確認の参考になれば幸いです。

 

ミニマリストは礼服喪服も捨てる?捨てない?

礼服とは

礼服には、モーニング、タキシード、ブラックスーツ等があります。

一般的に礼服喪服に着られるのはブラックスーツです。

マナー違反な例

ブラックスーツの中には、ビジネススーツもありますが、それをお葬式に兼用するのはマナーとして失礼に当たります。

 

お通夜は、平服でもマナー違反にはなりませんが、お葬式に平服を着るのはマナー違反です。

 

お通夜の、平服は時間が無く仕方ない場合に平服でも可能なんですが、一般的マナーは喪服です。

 

私は、お通夜も告別式も、喪服で参列するのが礼儀だと考えます。

礼服喪服の必要性

結婚式においては、突然、明日、明後日のような日程で行われる事は、まずないので礼服は用意する期間はあります。

 

しかし急な訃報など起きれば、その夜にでも、行かなければならない時があります。この時点で喪服を用意出来るのかを、考えて捨てるか、捨てないのかを決めるのが良いと思います。

 

もしも、お世話になった方や大切な人が、急な訃報が起きた時に、喪服が無いとしたら、その時のあなたはどう思うでしょうか?

 

「自分はミニマリストだから、礼服喪服は捨てたから、まぁ良いか」それとも、最後のお別れの時は、「喪服の参列ではないと失礼に当たるから、絶対喪服で参列しないと駄目だ」と思うかを、自分に問うてみれば、喪服の必要性が分かると思います。

 

あなた自身が、喪服を着なかったことを、後で自分のしたことに後悔しないかどうかだと思います。

礼服レンタル

ミニマリストだから、礼服喪服を持たないと決める方も、もしかしたら居るのかもしれません、礼服のレンタルもありますが、レンタルには手続きと時間が掛かります。最寄りの店舗が無い場合は、ネットで前日、決められた時間までに注文が出来た場合、早ければ翌日、遅ければ2日~3日後の到着になります。

 

礼服のレンタルの店舗が、最寄にある場合は、借りる手段があるのですから、参列の時間に間に合えば、手放す事もありだと考えますが、毎回同じ場所で、告別式がある訳ではありませんからね。

レンタル派の方が気を付ける点

人生の中では、自分の思っていた事が出来ない場合もあります。

・通夜が終わってから知らせがある場合がある。

・お葬式は、今日だと知らせがある場合がある。

いずれの場合も、長い人生の中にありえる事です。即対応が出来る様にしとかなければならないと考えます。

 

レンタルが駄目なら、最終手段として、友達、知人に借りなければなりません。

 

毎回、お通夜を平服で、参列すると決めてるならば、その考え方は間違いだと思います。

 

礼服喪服を購入するタイミング

購入するタイミングを紹介します。

 

縁等の意味で良いとされるのは、結婚式の為に使う理由で購入するのが良いタイミグだと思います。

 

人によって差がありますが、人生の中で礼服等の買い替えは2回か3回位だと思いますが、体系が崩れると、買い替える事が増えたりしますよね。あまり着る機会が無い方は、一度は確認すると良いです。

 

まとめ

礼服は、レンタルもありますが、突然の訃報には対応は出来ないと思ってますから、結論としては、私は捨てる事はしません。

 

もしも、礼服喪服が無いからと言う理由で参列しないのは、考え方を変えるきっかけになれば幸いです。

 

礼服喪服には着る意味やマナーがある様に、常識で物事を捉えないと、世間ではミニマリストとは=マナーが無い人達として扱われます。

 

私も含め皆様も、ミニマリストとは=マナーがない人達と思われない様に注意しないと駄目ですよね。

 

-持ち物
-

© 2020 miniのミニマリストブログ